リノアス

RENOAS収納ガイド

収納設計リノベーション RENOVATION with storage RENOAS

HOME > RENOAS収納ガイド > お知らせ > ブログ > 現場ブログ > 左官屋さん

2021.02.08

左官屋さん

こんにちは!リノアス(株式会社レベル)の岡田です。
みなさんは、左官(さかん)屋さんってご存じですか? Wikipediaを見ると【左官(さかん)とは、建物の壁や床・土塀などを、こてを使って塗り仕上げる仕事、またそれを専門とする職種のこと。「しゃかん」ともいうこともある。】となっていました。
昔はお城を建てるときにお殿様のいらっしゃる場所に出入りをする必要があったことから、大工さんと同じくくらい、位の高いお仕事だったのだそうです。

さてさてこちらの現場の古い押入があった部分。解体したら床がなくなってしまいました。旧間仕切り跡もこんな溝が・・・
さあ、左官屋さんにモルタルで新しい床を作ってもらいます!
そして先ほどのガタガタだった旧間仕切り跡を、左官屋さんの匠の技術で平らにならしてもらいます。木の定規一本と手先の感覚だけで、ほぼ水平になっちゃいます。まさに職人技!
時間をおいて最後に、薄塗りで磨いて仕上げてもらいます。何回見ても感動ものです。こんな工程を経て、コンクリートの床は完成していきます。

技術のある左官屋さんが高齢化でどんどん減ってきていますので、腕のいい職人さんの確保は本当に大変です・・・が、そこはリノアスです。若手の社長が後継の職人さんを育成されている、素晴らしい左官屋さんとお付き合いをしています。現場で見かける事があったら、ぜひ左官屋さんがコテ一本で平らな床を仕上げていくところをご覧くださいね!

LINEのお友達登録をお願いします!→スマホの方は、こちらをポチっと押してくださいね!RENOAS リノアス リフォーム リノベーション リノベ リノベーションマンション フルリノベーション マンションリノベーション マンション暮らし マンションインテリア 中古マンション インテリア インテリアコーディネート インテリアデザイン 整理収納アドバイザー 整理収納 収納アイデア 収納設計 造作収納 家具付き 家電付き

Instagram

LINEお友達募集