APARTMENT PURCHASE

物件購入について Q&A

リノベに興味があり、いよいよ中古マンションを探そう!
とお考えのお客さまが注意するべきこと。
RENOASは物件探しもプロの目線でお手伝いします!

『住む家に合わせて生活する』のではなく、
『住みたい街に住む』ことができるのが、
リノベのいいところ。
新築では叶わなかった憧れの街も、リノベならきっと実現できます。

物件探しからお願いできますか?

もちろんです! 物件探しでも強力なネットワークがあります!

RENOASでは、不動産の仲介やマンションの在庫を持つことをしていません。宅建業者ではないのでそもそも業としてそれを行うことができないのですが、マンションの在庫を持つと、どうしてもそれをお客さまにお勧めして、買っていただくことが必要になってしまいます。

お客さまのご希望を棚にあげて、RENOASが売りたい物件をお客様にお勧めするのはRENOASの主旨・目的からずれてしまうので、現在は提携している不動産屋さんにリノベ好適物件を紹介していただくスタイルで、お客さまの物件探しをサポートさせていただいています。それに対する成功報酬などは一切いただいておりません!不動産屋さんとの強力なネットワークがありますので、ネットに公開される前の物件情報もしっかりキャッチできます。物件探しもRENOASでバッチリサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください!

物件探しって何を優先すればいいですか?

お客さまが住みたい・住みやすいと思える“立地”が優先です!

新築物件購入と違い、スケルトンリノベーション前提で考える場合、もっとも大事なのはマンションの築年数はもちろんですが、立地と管理状況です。分譲マンションの1室を購入し、すべて解体してリノベーションをする前提なので、築古の物件や内装がボロボロの状態でも問題ありません。むしろ相場より安く手に入ってラッキー!という場合も。壁は全部取り払ってしまうので、間取りは無視してください。

ポイントとなるのは、

  • 立地(駅から○○分、幼稚園や小中学校、お勤め先など)
  • 窓の数と向き
  • m2数(ご夫婦二人で60m2くらい。6畳の個室1つあたり+10m2を目安に。)
  • 構造(壁式構造の場合、コンクリート躯体壁を壊せないので、自由度が下がります。)

などです。

新築ではなくリノベをチョイスするからには、立地にとことんこだわりましょう。1~2年も理想の物件に出会いないこともしばしばですが、その後何十年も暮らすおうちがどこにあるか、はとても大事なこと。リノアスの覚王山ショールームも、計画が始まってから物件に出会うまで、1年半かかりました。

マンションを買うなら、築浅?それとも築古?

築年数より大事なのは、マンションの“管理状況”です!

築年数は大事ですが一番大切なのは、マンションの管理状況です。築浅でも総戸数が少なくて修繕積立金が貯まりにくいマンションはお勧めできません。今後マンションの管理が困窮し、修繕積立金がどんどん値上げになっていく可能性があります。逆に築古でも大規模マンションの場合、修繕積立金が潤沢で、管理が行き届いている場合が意外と多いです。
人間で例えると定期的に健康診断を受けて、しっかり予防をすれば病気にかかりにくくなったり、病気にかかっても早めの対処で全快できたりしますよね?それと同じことです。築古でも管理・メンテナンスがしっかりされているマンションが『買い』です。

マンションの修繕積立金の情報や管理状況などは不動産屋さんを通じてマンションの管理組合から書面で開示されることになっていますので、気になるマンションが見つかったら、RENOASと一緒に確認しましょう。
RENOASの代表は分譲マンションの管理会社に勤務していた経験があり、管理業務主任者の有資格者、つまりマンション管理のプロです。プロの目線からリノベに向いているマンションかどうかをしっかり判断しますので、物件を売り込みたい不動産屋さんとは違った目線で建物そのものを見ます。どうぞ遠慮なくご相談ください。全力でサポートさせていただきます!

また直接現地に出向くことで、外装や共用部分、ゴミ捨て場などがきれいに維持されているか、など、お客様自身で確認できることもたくさんありますよ。気になるマンションが見つかったら、すぐに現地に向かって雰囲気を感じてみましょう!中古物件との出会いはタイミングです。後悔する前に即行動!を強くお勧めします。

ページの上部へ